湧水の森 yousuimori.exblog.jp

Ouchi-Massage+α 湧水 You-suiのブログへようこそ。あったかまったりマッサージや、バイタルダンスのお知らせ。心地いい毎日と、やさしい気づきをシェアしています。


by kokenomori
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:Let's Dance!( 109 )

はじまります!

a0257308_15412611.png




a0257308_15414558.png



この秋開催の、バイタルデベロップメント スクール生による初めてのダンスワークショップです。

10名の、個性あふれるフレッシュなメンバーが、こころを合わせてお届けします。

どうぞ、応援に来て下さい。

チラシ、こちらからダウンロードできます。
http://vitaldevelopment.jp/workshop/images/omote-sv.pdf

http://vitaldevelopment.jp/workshop/images/ura-sv.pdf


バイタルデベロップメントの公式HP
http://vitaldevelopment.jp/workshop/
by kokenomori | 2012-07-05 15:43 | Let's Dance! | Comments(4)

望みの樹を育てよう!

バイタルデベロップメント、5月6月スペシャルワークが終わりました。

今回は、これまでにも増して、予想外にかなり深かったなあ~。

星の願いや望みの樹を育てるなんて、「もういいや」って思ってた。

今でも十分シアワセなんだから、これ以上ほしいものなんて・・・と。

だからワークショップ参加にも今回あまり乗り気でなく。

でもじつは、たくさんのことを、願いもしないであきらめていたから、
参加してその蓋を開けることがこわかっただけなのだと、気づいてしまいました。


願いが強ければ強いほど、恐れも大きくなる

desireと fear は表と裏 

・・・なのだそうです。なるほど。


1週目で星の願い・・・手に入れたからといって飽きたり色あせたりしない、深い願いをみつけ

2週目でそれを育てるために、たくさんたくさん踊り、触れ合い、泣き、笑いあいました。



願いがわからない、ということは、ほんとうには自分のことをわかっていないのと同じこと。

自分が何を願っているのか、それを知ること、そしてたいせつに願い続け、育てること。

それが、わたしたちひとりひとりを、より個性的に輝かせるのだ。


・・・こんなPatricia Martello(パトリシア・マルテーロ)の言葉が印象的でした。


そう。

自分が心底望んでいることを知ったときの驚き。

・・・こうしたほうがいい、とか、こうしなければ、こうするべきに隠されて、自分でもわからなくなっていたほんとうの願いは、とってもシンプルでパワフルで、素直な願いでした・・・

それを諦めていた理由を知ったときの驚き。

・・・できないのはだれかのせい。親や学校や社会のせい。でもじつは、自分自身の自信のなさでした・・・



Patricia Martello Method(パトリシアマルテーロメソッド)は、単なるポジティブシンキングのダンスワークではないと思う。

あるがままでいい。

そのとき悲しくても、さみしくても、辛くても。

無理に笑わなくてもいい。

でも、そのままの自分でいても、いつのまにか笑ってる。笑いながら泣いてる。

ほんとうはひとりぼっちじゃない。

苦しいところにいたかったのは自分なんだ。

孤立していたのは自分だったんだ。

だったら、どうする?

もっと幸せになりたい。もっと幸せでいいんだって。

だれでも、いつでも変わっていける。

自分のほんとうに望むほうへ。

だってこの世界は、自分が作った世界なんだから。

a0257308_7182310.jpg




苦手だなあ~といつも思っていた、第3チャクラ、ソーラープレクサスのパワー全開。

太陽みたいに輝かせて、いっぱい踊りました。

自分がパワーを出したら、傷つけてしまうんじゃないか、って遠慮ばかりしていたけど、

パワーをいっぱい出しても、それに応えてくれる人、一緒にいられる人は必ずいるんだって今回気づけた。

それがすごくうれしかったです。
by kokenomori | 2012-06-11 07:20 | Let's Dance! | Comments(0)

ピラミッドセンターにて

a0257308_21393888.jpg


先週末、山梨県にあるピラミッドセンターにて、バイタルデベロップメントのワークショップが行われました。

今年も緑がきれい。遠くから、川の音や鳥の声が聞こえてきます。

a0257308_21411796.jpg


今回のテーマは「スピリチュアルな7つの法則と、深い願いを照らす星を踊る」


一ヶ月も前から、すでにワークは内側で始まっていて。

いまで十分幸せだもの。これ以上夢なんか見なくていいじゃん。といいながら、

いろんなことをあきらめ、そこに痛みがあることにもうすうす気づいていました。

だもんで、深い願いなんて見たらたいへん。・・・と、逃げ出したい気持ちでいっぱい。(^_^;)


a0257308_21473861.jpg


一緒に踊った、金木犀の樹・・・やさしいんです。

a0257308_21481327.jpg
a0257308_21483329.jpg


自然は、震えたり、構えたりしないで、自分の生を生き、風に身を任せて踊っています。

a0257308_21503839.jpg


祈りとともに願いを川に流し、宇宙に預けました。

わたしたちのたくさんの願いが、踊りながら天高く上って行きました。

・・・やっとみつけたわたしの願いも届いたかな~。


a0257308_22124651.jpg


心づくしの美味しい晩御飯。






二日目はさらに深く深くダイビング。

お水を使った、生まれ変わる儀式も行いました。


生まれ変わって水からあがったとき、

身体が重くて重くて。

ああ~。こんなに身体って重いんだね~。毎日がんばってるね~。と、
自分自身と、これまでの人生をとっても愛しく感じました。


みんなで手をつないでゆっくりゆっくり歩いていると、しだいに歩くことにも慣れて、

生まれたての魂が、少しずつ身体に慣れ、女性になっていくのを実感。

祝福を感じた瞬間でした。


a0257308_2292461.jpg



みんなのびしょぬれの産着がお日様に干されて揺れています。


a0257308_22102768.jpg
a0257308_22104745.jpg


生のハーブを摘んでティータイム。カモミール、アップルミント、マロウ・・・。


二日目の最後に、とんでもない扉が開いて、胸の真ん中に、ぽんって、自分でも想像してなかった願いが浮上してきて、びっくりして号泣してしまいました。


ここのところ、ずっと胸が痛くて、息苦しくて、なにをやっても開放されなかったのが、

触ると、小指くらいのしこりになっていました。

なんか種が植えられたみたい。・・・うわ~。


来週、っていうか、火曜日には続きが始まって、さっそく望みの樹を育てるみたい。


うわ~~~~~。
by kokenomori | 2012-05-28 22:24 | Let's Dance! | Comments(0)

喜びのちから

バイタルデベロップメント 3月のスペシャルワークショップが終わりました~。



今回のテーマは the Power of Joy  


人生を力強く変容させていける喜びの力をよみがえらせるようなダンスワークをたくさん体験しました。


これがまあ。・・・想像していた以上に深かった。('~':)

いちばんは初日の
「愛を与え、受け取る」というダンスワーク。


わたしは今は「からっぽ」だって意思表示してるのに、「からっぽ」の人が来て、チョーダイってされたり。

Noが言えなくて、「からっぽ」なのに、ついついあげちゃって、枯渇して、ものすごく疲れたり。

たくさん「持っている」のに与えることができない人がいたり。

「持っている」ひとのところに、チョーダイって行けなかったり。

あってもなくてもひとりで楽しもうと思っても、どこか無理をしてたり。

愛を与えてもらったと思ったら、ものすごくそれが重くて重くて、余分なものがいっぱいくっついてたり。


そのたびに、びっくりしたり、悲しくなったり、寂しくなったり、
情けなくなったり、腹が立ったり。・・・内面大混乱。


日常ではこれよりももっとフクザツにいろんなことが起こっているんだなあ、と思うと
コミュニケーションってなんて難しくてめんどくさいんだろう~って。



パトリシアにあとで聞いたら、
「からっぽのときは、からっぽのところにいかないで、、持っているひとのところにいけばいいのよ」と一言。

そして愛しいマルセーロのところにそそくさと行ってしまいました。

なんてシンプルな。

それができないから困ってるんだけど。



Mちゃんが教えてくれたんだけど、

愛を与える、受け取るって、きっと行為じゃなくって、

あるがまんまでいるってことじゃないかなあ、って。

踊っていると、ついついぶわ~~~って、ぜんぶ外に出ちゃいそうになる。(うん!わかる。すごく)

だけど、そうじゃなくて、自分っていう中心は揺るがないで、

でも、開いていて、

ほかのなににもなろうとしないで、あるがまんまの自分でいること。

かんたんに言うと、自分の心地よさに素直に行動するってこと。


わたしはわたしのまんまでいますよ。

あなたはあなたのまんまでいていいんですよ。ってこと。

それって、自分にとっても周りの誰にとっても、

ものすごいパワフルなギフトなんじゃないかなあ、って思った。





そんなことが、すとんって落ち着いたら、

周りがものすごくはっきり見えるようになった。

いままで、わたし、なに見ていたんだろうって思うほど、くっきりとした視界が開けた。

おもしろい。


4日間を通して、学んだ大きなことって、これにつきるかな。


こどもみたいに開放して全開で踊ったり、

エロエロに溶け合ったり~

嫉妬に苦しんだり、

古い古い怒りに翻弄されたりと、いろいろあったけど。


深い気づきの、いいワークでした。
by kokenomori | 2012-03-30 11:02 | Let's Dance! | Comments(0)

Transcendence-超越

さてさて。
最終日のテーマは「Transcendenceー超越性」でした。

a0257308_22563463.jpg




わたしたちは、身体を暖めた後、いつもにもましてゆったりと身体を動かし、

すみずみまで身体を感じ、ていねいに扱い、優雅に、ロマンティックに踊りました。


ロマンティックは、なにも映画のなかだけのお話ではなく、現実世界にももたらすことができるもの。

歩く、話す、触れる・・・すべてを、粗雑に行うこともできれば、

愛を持って優雅に行うこともできる。

ハートからの言葉はポエムであり、愛の行為であり、変容、超越ーTranscendenceを起こします。


ペアになってお互いハートからの言葉をつむぎ、

ポエムを書き、贈りあいました。

なんのへんてつもないようなメッセージが、胸の奥まで深くしみて、

悲しいとか、うれしいとかを超えて、みんな涙がとまりません。


絵であれ、音楽であれ、ダンスであれ、ポエムであれ、
ハートからの愛の行為は、すごくパワフルで、一瞬にしてなにかを変える力があるようです。


その後、クライマックスの、不死鳥のダンスを踊りました。


a0257308_23192044.jpg


爆発の衝撃とともに生まれ、

命ある限り踊り、傷つき倒れこみ、死に、天に召され、

癒され、天使の涙で再生し、灰の中から生まれます。

もう、過去の苦悩や後悔や痛みや恐れはすべて手放して、

まっしろで、あたらしい羽をひろげます。

それはまさにセレブレーションでした。

a0257308_10371629.jpg






それにしても4日間、よく踊りました。

あんなに振り切れるくらい踊ったのに、身体はほとんど痛くない。

あ、ほんとうに生まれ変わったのか!?

おおお~

・・・それとも、あさってくらいに立ち上がれなくなるのかしら・・・汗




そうそう、今回の大収穫の追加。

音楽がちゃんと身体の中に入ってくるようになったんです。

音楽を聞いていて、身体が自由に動きだしたら、運がよければなにかが降りてくる、っていうかんじは今までも可能だったんだけど、

今回は、もう一段階深いところへ音楽が入ってきて、好き嫌いにかかわらず、それを感じて、それが満ちてきて、あふれるようにして身体が動き出し、踊れるようになりました。

すごく気持ちいいです。






ワークが終わると、いつものことながら少しさみしいのが、ちょっと苦手。

愛と抱擁のあふれた、あたたかいところから飛び出して、
たったひとりで歩き始めた繊細な赤ん坊のような心細い感じ?かな。



でも、3月にはまたみんなと逢える!

今度はパトリシアのハズバンドも来て、きっとハートフルなワークが開催されます。

それを楽しみにしながら、ワークで植えた種を大事に大事に育てていきましょう。
by kokenomori | 2012-01-30 10:42 | Let's Dance! | Comments(0)

作品で~す!

a0257308_950421.jpg


おととい、描いた絵です。
ペアになったひとを写実的、論理的にではなく、つながり、愛のなかで描いたもの

a0257308_952139.jpg

スクール生同期のシュリちゃん。

a0257308_9522256.jpg

これも同期生の宇宙人まことちゃん。いや、腕のよいオステオパスです。

a0257308_9524837.jpg

きょうこちゃん。やわらかくあたたかく芯のしっかり通った人です。

それにしても、みんないい笑顔。

見た目だけではなく、内面を表わすこと、見つけてもらえることはよろこびです。



a0257308_9531937.jpg


ハイチーズ!最終日のワークが始まる前のひととき。
太極拳の仲間も参加です。



a0257308_951125.jpg


わたしの描いた葉っぱの絵。はっぱに恋をして描きました。

a0257308_9513266.jpg


これは、ペアを組んだハルミちゃんを描いた絵。
初めて会った人でしたが、いっしょに触れ合いながら踊って、描いて、抱き合って。

そうすることで、彼女のバックグラウンド・・・趣味も家柄も、どんな性格でどんな風に考え感じる人かまったく知らないけど、まるで、大事に育てた自分の子どものように、愛しく感じました。

その感覚を持って、絵を描くこと、そして描かれることは、とてもすばらしい感覚でした。


a0257308_953439.jpg


これは、ハルミちゃんが描いてくれたわたしの絵。

意外でしょ?美しすぎます~。


でも、

あなたには髪の毛やまつ毛に静けさがあって、頬とくちびるに愛を含んでいるのよ、って教えてもらいました。

とってもうれしかったです。
by kokenomori | 2012-01-30 10:13 | Let's Dance! | Comments(0)

クリエイティビティ

今日はクリエイティビティについてのワークでした。



成長の過程で、わたしたちは誰でも多かれ少なかれ、

ああしなさい、こうしなさい、
あれはだめ、これはだめ、と、自然な欲求を抑制され、

自分自身であることをあきらめたり、やめてしまったり、
自分以外の誰かになろうとし、

結果、バイタルエナジー・・活力は失われ、
無気力、無感動、無関心になって、

うつになったり、癌になったり、アレルギーになったり、
まるでマシンのようになってしまったり。

そしてそれがひどくなると、自殺してしまうのだ、という話でした。



今の時代、それに気づきはじめて変わろうとする人が増えてはいるけど、

自分らしく生きよう、人間らしく生きたい!と思っても、

とたんに、仕事上の責任をすべて背負わされてしまったり、

逆に仕事や居場所を失って孤独になってしまう。



その壁をどうしたら乗り越えられるのか?

自分らしくいられないところに一日中いて、やりたくもないことをし続けるのではなく、

自分の好きなことにエネルギーを注ぐ生き方をするにはどうしたらいいのか?


そういったことがテーマでした。



世界を変えよう、社会を変えようとしても、それはなかなか難しい。

それよりもさきに、まずは自分自身の感じ方、ものの見方、考え方を変容させることができたなら、

うつになったり、自殺したりしなくても、

この世界に存在していながら、人間らしく生きていくことは可能なのだということでした。


a0257308_23105412.jpg


わたしたちは、身体をいっぱいにひろげ、原始のリズムで踊りました。

情熱や生命力やさまざまな感情を爆発させて、

叫んだり、飛び跳ねたりして、こどものように踊りました。


久しぶりに、衝動に任せ、大きな声を出し、身体をちぎれるくらい動かして、開放されてみて、

どんなに自分が縮こまっていたかがわかりました。


実は、これは、ワークの前にわたしが描いた絵です。
a0257308_2315812.jpg


歌っている女性。しゃべっている女性。

大きな声で、笑ったり叫んでいる女性です。

潜在意識の中で、そういった欲求があったのかもしれません。


a0257308_23153895.jpg

みんなが描いた絵




a0257308_23184772.jpg

水の流れと大地のうねりを描いた人


a0257308_23194940.jpg

寝そべる人を描いた人


a0257308_23203392.jpg

踊るときのエナジーを描いた人


a0257308_23212824.jpg

あかんぼうを抱く女性を描いた人




こうしてみたととき、

絵は、その人の内面にあるものを映し出したものだということがわかります。

ほんとうにそれぞれ違うし、

どれも、とても美しかった。


わたしは絵を見ても(それがたとえどんなに名画でも)これまであまり感動したことがなくて、

自分は感受性が乏しいのだろうか?と内心悩んでいたけど、

こんなエクササイズを通して、

絵は、描いた人の内面の現れなのだということがわかり、

がぜん興味がわいてきました。



葉っぱの絵も描きました。

頭で、論理的に写実的に描くのではなく、

葉っぱのエネルギーに注目して描くと、

色や、形だけでなく、葉脈の脈動や、ふちのぎざぎざや、陰になったところの静けさや、

枝についていたときの記憶や、

風に吹かれていたときの動きや、

風に吹かれて、頬を染める様子まで思い浮かび、それを描いていくのはとっても楽しかった。


おなじような葉っぱを見ても、なにに注目し、なにを感じ、どう表現するのか。

わたしたちは、ひとりひとり違っている。

絵も、ダンスも、その表れだから美しいのですね。



今日、もうひとつ、すごく印象的だったのは


愛を失うことを恐れて

自分を出し渋ったり、とっておいたり、守ったりしてはいけない、ということでした。

キスも、抱擁も、決してなくなったりはしないし、

愛は、日常生活の中にあっても、消耗したりしないのだと学びました。

すべてを明け渡して、愛の中にいるとき、

与えることは喜びであり、受け取るものは想像した以上の豊かさです。



というわけで、

出し惜しみしないで、愛する人を、思う存分抱きしめて、

今夜はキスの雨を降らせてあげよう、と思いました。


明日は最終日です。

a0257308_0223975.jpg
a0257308_023429.jpg


砂町銀座はおいしいものがいっぱいで、バイタルエナジーに満ちています。

砂町文化センターにて13時半よりスタート

当日参加もおっけーです。
by kokenomori | 2012-01-29 00:29 | Let's Dance! | Comments(0)

原始人!?

今日は、バイタルデベロップメントワークショップの二日目でした。

高円寺駅近くの座・高円寺にて。


この会場は、はじめて行ったけど、広くてシックで、とても素敵な場所でした。


明るくて心地いい、ほどよい広さのスペースで、

手をつなぎ、肩を抱き合い、見つめあい、手をたたき、やさしく髪に触れ、

大地とつながり、天にひろがり、自由に踊りました。


みんなの自然な笑顔やよろこびの涙が美しい、いいワークでした。


わたしたちは、夢の種をまき、ただそれを頭で考えているだけではなく、

実際に身体を動かして(踊って)いくことで、実現するパワーを手に入れました。


まるで、こどもが無心に砂山を作るように、

夢中になって踊って、形作っていきました。


わたしの夢は、最初は、漠然としたかんじでしたが、

ごまかさないで、遠慮しないで、

なにが望みなの?って自分に聞いたら

「わたしが、自由に、よろこびとともに踊ることで、みんなを元気に輝かせたい!」って心の声が返ってきました。


自分が踊ることは大好き。

でも、そのことで、人を元気にしたり、幸せになんてできっこない。

ふと、そんな弱気になりそうになったけど、


勇気を出して、会場いっぱいに、踊り、動いていくことで、

願い続けていけば、きっと叶うんだって、感じることができた。


みんなはどんな夢を描いていたのかな。

それぞれの中身はわからないけど、

そこにいるみんなひとりひとりが夢を持って、それに向かって情熱をかたむけている。

すばらしいことだと思います。


ワークが終わって、みんなでランチに行きました。

座・高円寺の2Fのカフェレストラン アンリファーブル は

赤と黒のモダンなスペース。



ああ~。写真がなくてごめんなさいっ。

どうも、人前でカメラを出すのが、昔から苦手で。

むーーー。次回はがんばります。




前菜とドリンク付で、

真鱈と有機野菜のパスタランチを食べました。(想像してください!!)

にんじんが甘くてやわらかくって、すごーく美味しかった。

シ・ア・ワ・セ♪


ここって、お誕生日には、なんとホールケーキが無料サービスだそうです。

うわーーー、ぜひ、今年のお誕生日にはここでよろしく!



で、その、ランチの席で、ワークの話や、なんやかやを、みんなで和気あいあいとおしゃべりしていたんだけど、

「さいきん、fanaちゃん、きれいになったよねえ~」と言っていただきました。

「そうそう。前はさあ、なんかおっきくて、包容力はあったんだけど、世界全体を抱いている感じだった。

なんか、大木っていうか。

巫女みたいなかんじで、近寄りがたくて。」

「でも、変わったよね。

くだらない話も聞いてもらえそうな、つきあってほしい~ってかんじに変わった。」


「大木から人間になった、っていうかんじだよねえ。」

「そうそう。まえは原始人みたいだった。でも、いまは・・・そう!なんだかエレガント!だよ~」



って・・・。えーーーと。


これはよろこんでいいものでしょうか?????


「大木」とか、「巫女」とか、そういうほうがよかったんじゃないかなー?

あ、いや、でも、「原始人」はいやだしなあ。

「近寄りがたい人」から、「つきあってほしい人」って思われるのはうれしいが。


なんか、フクザツ (^^;)
 
by kokenomori | 2012-01-27 21:49 | Let's Dance! | Comments(0)

はじまりました!

いよいよ、バイタルデベロップメント
1月のスペシャルワークショップがはじまりました!

今回のテーマは
The Secrets of 5 Fires

http://vitaldevelopment.jp/workshop/


初日の今日は、イントロダクションワークが行われました。



前回の、四大元素を踊るワークショップでは、

イニシェーションを受け、

自然の中や、わたしたちのなかにある自然とともに、

火と大地と、水と空気の踊りを踊りました。


自分では、火や大地の要素が強いと思っていましたが、

実際に踊ってみると、火の踊りを踊るのがとても困難でした。


自分の中の激しさ、怒り、パワー、エネルギーを表現することへの大きな恐れがありました。

いつのころからか、わたしは、普段の生活の中で、そういったことを表現することを抑えたり、
あきらめたりしてきたようで、

火の要素を踊っていると、

いままでどうして表現させてくれなかったの!?といった悔しさや憤りとともに、

やっと見つけてもらえた、ずっとここにいたんだよ!ていう、うれしさもやってきて、

とても心が揺さぶられました。



今回は、4日間かけて、その、火を、もっと深く踊っていくのです。

とても、楽しみです。



今日のイントロダクションワークは、Joy に満ちたものでした。


火のエネルギーは、恐れて押さえ込んだりしなくても、健康的な方法で表現することができる。

その方法を、踊ることを通して、人とつながることを通じて、わたしたちは学んでいきます。



今夜は、ひさしぶりに、Patricia Martello(パトリシア・マルテーロ)の、「ピンク色の世界」っていう言葉が聞けました。

わたしたちは、この身体を通して、息をすること、歩くこと、ご飯を食べること、仕事をすること、すべてをよろこびを持ってすることができる。

世界はいつもピンク色で、わたしたちは、コーラル、薔薇の色ーピンク色ー愛の色のなかで生きているのだということ。

なんて、美しいんでしょう。

しかめつらして、われ先にと急いだり、競い合ったり、奪い合ったりしてる場合じゃありませんね。



とても印象深かったのは、

よろこびは、とても伝染しやすい、ということ。
だれかが、オープンマインドで、喜びとともにいると、周りも自然にハッピーになる。

それって、とっても素敵なことなのに、

ひとりだけ楽しいとなんか周りに悪いかな、とか、
実際に妬まれたりすることだってきっとあるし、
だれかの気に障ることだってあるかもしんないし、
ひとりだけ、にこにこしてると、おバカみたいかな、とか。


だから、自分も、難しい顔をして、深刻なふりをする。

そういうことって、ありがちじゃないですか?(わたしだけ!?)


だけど、触れる仕事をしているからには、

恐れや不安や痛みや苦しみを伝えるんじゃなくて、

やっぱり、喜びや心地よさを素直に感じて、分かち合っていけたらいいなあと思いました。









「わたしは、あなたのことを知っています。

だって、肌の下には、同じ赤い血が流れているから。

わたしは、あなたのことを知っています。

あなたが愛を欲しがっているということを、知っているから。

あなたが光を表現したがっていることを、知っているから。」


これは、いつにもまして力強い声で、
パトリシアがわたしたち、一人一人に向けて送ってくれたメッセージです。



そう。どんなひとも。同じ血が流れ、同じように愛を必要とし、光を表現したくて生まれてきた。

だけど、ちょっと心が疲れてしまったり、身体が痛くて不機嫌だったり、光を忘れてしまっているだけ。

それを、思い出してほしいな。

自分自身も、いつも忘れないでいたいなって、思いました。








それから、オマケにもうひとつ、これは、内緒。

わたし、ひとつ、とっても大切なことに気づいた。

どうしてあの人のこと好きなんだろう、って、よく思ってたけど、

今日、その答えがわかっちゃった!うふふふー。
by kokenomori | 2012-01-27 00:38 | Let's Dance! | Comments(0)