湧水の森 yousuimori.exblog.jp

Ouchi-Massage+α 湧水 You-suiのブログへようこそ。あったかまったりマッサージや、バイタルダンスのお知らせ。心地いい毎日と、やさしい気づきをシェアしています。


by kokenomori
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2015年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

王女とポワポワ

ほんの4,5年前、わたしはけっこうひねくれて、ささくれて、やさぐれていたので(笑)


ダンスクラスの中で、

「楽しく歩いてみましょう」

とか、

「喜びを感じながら踊ってみましょう」

と指示されると、もうムリ!!!だった。


「夢に手を伸ばすように踊ってみましょう」

と言われたもんなら、

夢なんてどこにあるかわからないのに、どこに手を伸ばしていいの?

と、怒りすら覚えた(笑)



だから、


自分自身が、クラスでバイタルダンスのファシリテートし始めたころは、

言葉がなかなか出てこなかった。



わたしの言葉で、なにか、コトを起こすことに恐れがあった。



だから、


「手をつないでみましょう」

「ゆっくり歩いてみましょう」

「足の裏で、床を感じてみましょう」

と、遠慮がちに、やることの説明をほんの少しするだけ。


あとは、わたしのダンスを見てもらって、感じてもらって、

それぞれにやってもらうだけでいいと思っていた。


「とてもいいクラスだった。とても楽しかった。だけど・・・」

「だけど?」

「もっと、あなたの話が聞きたいと思ったよ」


そんなふうに言われて、とまどった。



演説会でも、講演会でもないんだから、


言葉は、できるだけ使わない方がいい。


そう思っていたから。



だけど、


手や、舌や、鼻を使って感じるのと同じように、


目に見えるものと同じように、


耳から入る言葉も大切なんだって。




耳から入った言葉を、


マインドが理解し、納得して初めて、


厳しい検問のとばりが開き、


身体が、自由に動き始める。




今日、わたしは、ファシリテーターではなく、ただの参加者だった。


天気のせいか、なかりテンションが低くスタートし、


音楽にも、ファシリテーターの言葉にも、


身体が反応しないし、ハートも閉じていくばかり。



もう、途中で帰っちゃいたくなったくらい(笑)



だけど、いくつめかのエクササイズで、

『今日は、王子やお姫様、または王様やお妃さまになったように』

というキーワードが渡された。


そして、大広間での舞踏会のような優雅な音楽が流れてきたとき、


もう一瞬にして「王女」だった!!



白い、絹の手袋をして、


床に届くほどの裾のふんわりと広がったドレスを着て、


鷹揚(おうよう)に王子に手を取らせ、


微笑んで、静かに踊り出す。


あまり慣れ慣れしく近づくことは許さない。


演じているわけではなく、ただ、リアルにそうだった。


自分自身に正しいプライドを持っている感覚を味わうってほんとうに気持ちよかった。


わたしを構成している大切なピース(輝く石)をひとつ、手に入れたかんじ。

a0257308_1903639.jpg




それからもうひとつ。


『世界に、あなたの夢を広げて』

というキーワードをもらったとき。


多くの人は、胸を拡げて、腕を伸ばして踊り出した。


でも、わたしの感覚はちょっと違って。


小さくて、ささやかで、ぽわぽわしたものを、ひとつひとつ

身体から取り出しては、

身体の周りに、置いて行く。

ちりばめていく。

ときには、それが芽を出して、葉を伸ばして、小さな花を咲かせたりもする。


生まれたのはそんなダンスだった。




言葉はときに、


人を助けもするし、傷つけもする。


言葉によって、


助けられたりもするし、傷つけられたりも、する。



わたしが、ダンスのクラスの中で言葉を使う時、


「○○のように踊ってみましょう」というとき。



そこには、やらなくてもいい、という選択も含んでいたいと思う。



でも、もし、あなたがそれにトライするなら。



あなにたは、どうぞあなたの表現をしてほしいと思う。



「○○のように」というキーワードと、音楽が、

あなたに想起させるイメージは、


あなただけの宝ものだということ。





いいわるい、


上手下手、


正しい、間違い


は、ほんとうになくて。



自分自身の中からやってきたイメージで、


自分自身のダンスを踊るとき起こること、


気づくこと、


知ることは、


どんな偉い人に言われることより、あなたを助け、育むと思うから。




**<バイタルダンス 東京Fanaクラス 年内の予定>**

◆11月27日(金) 19:15~21:00 @新宿マイスタジオ
http://www.reservestock.jp/page/show_series_event_entry_form/18108


※12月4日はお休み


◆12月6日(日)10:00~12:00 @小田急線狛江駅徒歩1分 泉の森会館
http://www.reservestock.jp/events/92347


◆12月11日(金) 19:15~21:00 @新宿マイスタジオ
http://www.reservestock.jp/page/show_series_event_entry_form/18110

◆12月18日(金) 19:15~21:00 @新宿マイスタジオ
http://www.reservestock.jp/page/show_series_event_entry_form/18111

◆12月25日(金) 19:15~21:00 @新宿マイスタジオ
http://www.reservestock.jp/page/show_series_event_entry_form/18112

*****

いよいよ来週末です!!

◆11/29(日)@岡山 足守 養東院

子連れOKのショートクラス♪
http://www.reservestock.jp/events/89858/dummycode

わたしのなかの野性を踊る♪
http://www.reservestock.jp/events/89857/dummycode


◆前日には「おうちマッサージ&愛されマッサージ」やってます。
http://www.reservestock.jp/events/93106/dummycode

by kokenomori | 2015-11-23 19:00 | Let's Dance! | Comments(0)

輝くために

a0257308_85832100.jpg
栄光を生きるために

わたしたちの最大の怖れは
「自分にはかけたところがあるのではないか」ではありません。
わたしたちの最大の怖れは
「自分には計り知れないパワーがあるのではないか」です。

何よりもわたしたちを怖がらせるのは、
わたしたち自身の光であって、暗闇ではありません。
わたしたちは自ら問いかけます。
華麗で、機知に富み、才能に溢れた途方もないわたしとは誰なのか?
むしろ、誰でないのか?
あなたは神の子です。

とるにたらない者のふりをしても、世界のためにはなりません。
そばにいる者たちを怖がらせないために小さく縮こまる行為に光明はありません。
わたしたちは、内なる神の栄光を具現化するために生まれたのです。

それは限られた者の内にあるのではなくて。誰の内にもあるのです。
内なる光を輝くにまかせると、それは知らないうちに、他の人々にも
「あのようにしてもいいのだ」と伝えているのです。
かかえていた怖れを自ら解放してやると、
それは同時に、他の人々をも解放しているのです。

ーネルソン・マンデラ 1994年就任演説より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他の誰かに、許可をもらう必要はなくて、

他の誰かを輝かせるために生きるのではなくて

わたし自身が輝きたかったんだーーー!!!

それがわたしのいきる道だったーーーーーー!!!



と。

久しぶりに思い出しました。


いやーーー。

封印しておったわ。



やれやれ。

自分で箱の中に入り、出られなくなっていた。



ということで、これからは遠慮しないで、わがままに輝くことにします!

みんなも遠慮しないで輝いちゃってください!!



<バイタルダンス 東京Fanaクラス 年内の予定>

◆11月27日(金) 19:15~21:00 @新宿マイスタジオ
http://www.reservestock.jp/page/show_series_event_entry_form/18108

※12月4日はお休み

◆12月6日(日)10:00~12:00 @小田急線狛江駅徒歩1分 泉の森会館
http://www.reservestock.jp/events/92347

◆12月11日(金) 19:15~21:00 @新宿マイスタジオ
http://www.reservestock.jp/page/show_series_event_entry_form/18110

◆12月18日(金) 19:15~21:00 @新宿マイスタジオ
http://www.reservestock.jp/page/show_series_event_entry_form/18111

◆12月25日(金) 19:15~21:00 @新宿マイスタジオ
http://www.reservestock.jp/page/show_series_event_entry_form/18112

*****

いよいよ来週末です!!

◆11/29(日)@岡山 足守 養東院
この流れからのクラスです。自分の輝く星を見つけに来てください!

子連れOKのショートクラス♪
http://www.reservestock.jp/events/89858/dummycode

わたしのなかの野性を踊る♪
http://www.reservestock.jp/events/89857/dummycode


◆前日には「おうちマッサージ&愛されマッサージ」やってます。
ご自身の光につながりにきてね♡
http://www.reservestock.jp/events/93106/dummycode
by kokenomori | 2015-11-21 08:58 | きょうの湧水 | Comments(0)
5年くらいになるでしょうか?

太極拳を習っています。



日本で太極拳と言うと、いわゆる24式のものが主流かと思います。

わたしも一番最初に習ったのはこれなんですが、



当時は、若くて落ち着きがなかったからか、

はたまた合わなかったのか、

ただただ繰り返される動きにゲンナリして、

ちっともまじめにやらないので、先生に「まじめにやりなさい」と怒られてやめてしまいました。



その後、現在の鄭子太極拳に出会いました。


なにが違うのか???



うまく言葉で説明はできないのですが、


同じように見える動きにもひとつひとつ、ちゃんと深い意味があって、


それをすこしずつ学びながら型を繰り返していくので、意味を見出せたのかもしれないですね。




最初は、覚えようとやっきになっていたのですが、


みごとにちっとも覚えられませんでした。


むきになって、先生に向かってエネルギー的な要求をあれこれしてみるのだけど、


今思えば、うまーーくにかわされていました。笑



力み、頑張り、そんなものがなくなればなくなるほど


いつのまにか覚えていた。


頭は覚えていません、まだできません、と言うけれど。


身体は覚えていて、


いつのまにか、


転びそうになってもとっさにバランスを取れるようになったり、


地面に落ちたIphone を踏んでも

体重をかけることなく、踏み潰すことなく、足の裏が触れた時点で気づく。


そんなふうになっていました。



型を覚えるのが早いか、


覚えるより、大極の動き、身体の使い方が身につくほうが早いのか、


どっちでもいいのかなー、と思います。



わたしは、負けん気が強いので、


必死で映像を見て、


しつこいくらい繰り返して覚えましたが、


今思えば中身はスカスカだったと思います。



わたしよりすこしだけ早く始めていたRさんは、


覚える気などまったくありませーーーん、と豪語していましたが、


中身がつまった実感のある型をされていました。



お稽古は週に一度です。

やるたびに感覚が違います。



起式、という


最初の腕をあげて、引いて、降ろす、という動作を、

通常なら5秒ほどでできることを、

10分かけてやったこともあったし、


体全体が水のようになって型を通してこともありました。


周りが水で、水の中で型をやっているようにやってみることもありました。

もっとさまざまに、いろんな感覚を使ってやるとおもしろいです。



身体の端と端がなんとなくでも常に意識されていて、

動くという、それだけで、

こんなにもいろいろとおもしろいものかなと思います。


小田急線祖師谷大蔵で毎週火曜日の19時~

小田急線梅が丘で土曜日の18時~

大阪、岡山でも不定期で開催されていますよ。

http://artistic.jp/taichi/
by kokenomori | 2015-11-13 11:59 | タイチ~♪な毎日 | Comments(0)
大阪でお便りを書いています。


昨日は、新宿サロンで「愛されボディマッサージ」でした。

お客様はなんと大阪から。

楽しいですね!!



お会いしたのは夏以来でしたが、すっかり印象が変わっていらっしゃいました。


以前は周囲を覆っていた、分厚い繭(まゆ)のようなシールドが透けて、


「もしもし」と、かけた電話が


「はいはい」


と、つながるかんじ。


とてもうれしかったです。



そして、きのうのセッションでは、はっきりと


「自分の中心とつながりたい」「自分のことがわからない」「自分をもっと愛したい」「愛されたい」


そんな心の声が聴こえたような気がしました。




実は、セッション会場に向かう前から、


今日はマッサージの前にいっしょにハート呼吸の瞑想をする提案をしたいな、とアイディアもありました。


が、結局はいっしょにグラウンディング瞑想をすることになりました。



マッサージをするときも、

バイタルダンスのファシリテーションをするときも

いつも大切にしていること。



それは、


自分の選ぶ場所と


自分の姿勢と


呼吸。


に気づいているということ。



瞬間、瞬間、できるだけ意識的であるということ。




そして、そこから



ハートの声、衝動にしたがって動く。





正しい場所にいると正しいことが起こる。



流れのようにするすると。



そこには努力も、無駄な力もいらないかんじ。




グラウンディングからの愛されボディマッサージは、


とてもとても美しいセッションでした。




遠くから訪れてくださってありがとう。


やわらかい、繊細なところを見せてくださって、ありがとう。



・・・・・・・・・・・・・・


さあ、今日はどんな出会いがあるでしょう。


どんな瞬間が待っているのでしょう。


どきどきします。


「もっと自分を好きになりたい」
「もっと愛される自分になりたい」
そんなあなたのために↓↓

大阪おうちマッサージ&愛されボディマッサージ@中之島サロン 開催中!!
http://www.reservestock.jp/events/89889
by kokenomori | 2015-11-10 10:01 | まっさーじ、まっさーじ♪ | Comments(0)
はじめての、たまうた体験から約1週間。

「たまうた行ってきた!その1」 はこちら
http://yousuimori.exblog.jp/21796668/


またまた、たまうたWS行ってきました~~♪

自分も行ってみたいーと、興味を持っていた友人はチラホラいたのですが、タイミングが合わず残念。


WS前日の真夜中。

まだ<あと1名さま>になってて。


あー、なんだーーーこれは、わたしが行くのかーーーー。そうかーーー。

と思いました。笑



で、仕事場にメールし、お休み願いを出しました。

「急なお仕事が入ったので、お休みさせてください」と。


お仕事じゃないでしょ?

歌でしょ?

と、自分の中で罪の意識的な声がするー。



でもねー。

わたしにとって、



趣味というものはなく、


ぜんぶが仕事、ぜんぶが遊びなのですーーー。
(優先順位はある)


それは、職場のみなさまも良くご存知なのでーー。

ありがたいことですよね。



でも、あまりにも急なことなので、もしも連絡がうまく取れていなかったり、

夜間に予約が入っていることもあろうかと思いつつ、

翌朝、ホームで電車を待っていたらピロピロピ~~~ンと、メールが来て、

早番の同僚から

「了解です~~~大丈夫ですよ~~」とのこと。


安心して、たまうた会場への電車に乗り換えました。




前回歌った2曲目は、平原綾香さんのジュピター。



覚えきれてない歌詞、うまく取れない音程、

高くも、低くも、自由自在に変化するこの曲。


出ない領域の声を出そうとするから力任せになってしまう。


そうしたら、


自分のエネルギーが、重くて、

強くて、

すごーーーーく、ヤだったーーーーー!!!!!!


惨敗。



それを、ポロっと話したら、

はるちゃん(ファシリテーター)が、

「あーーー、そうなんだーー。じゃあ、そこ超えてみたら?」って。


というわけで、今回はそのリベンジ編でした。



なのに、なのに。


なぜか、選んでいったのは、

AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」とか、

同じ平原綾香でも、キュンキュン、キラキラの「平原綾香/春 ~La Primavera!~」
なのでした!!!!

https://www.youtube.com/watch?v=rR7DekjENgQ


ね、めっちゃかわいいでしょ!!


しかし、自分、おもしろすぎ!!!


で、


はるちゃんの提案で、思いっきりアイドルチックに、ピンクのリボンのポニーテールで

春を、花をまき散らかして歌っちゃいましたよーーーーー!!!!


きゃーーーーーーーー♪♪♪


どんなだったか。。。


想像におまかせします。が、

恥ずかしすぎるので、あんまり想像しないで下さい。



参加者は、みんな自分の魂とつながって歌うのだけど、

きっと、お互いに助け合うことになってるのかなあ。


わたしの2曲目の前に歌った方、


とっても美しい歌声を披露してくださったのですが、


こともあろうに、

わたしは、ぐーーーーすか、ぐーーーすか寝てしまったのでした。汗



ところが、

彼女が、はるちゃんに促されて、〇〇になって歌ったとたん、


ピョコンって、目が覚めちゃった!!!!(ネタバレになるのであえて伏せます)


もう、身を乗り出して、かぶりつきで聴いちゃいました。


身体はなんて正直。



迫力あったなあ!!!!!

かっこよかったー。

サービス笑顔もないし、伝えようとか、うまく歌おうとか、ぜんぜんないの。

世界の汚いところ全部見てきて、それでもそれは愛そのものってかんじだった。


厳しいけど。太い太い歌だった。


だから、わたしも、


重いとか、暗いとか、強すぎるかもなんて遠慮しないで歌えたんだと思う。


ここには書かないけど、


わたし、ある格好をして歌ったんだよ。


こんなポーズで歌えるものなの?って


たぶん、そこにいただれも歌えると思ってなかった。


自分でも、まさか、って思いながら、でも、簡単に出来ちゃった!


そして、すごい深いところから声が出てきた。


そのポーズだと、自分ではダイレクトに自分の声は聴こえない。


だからジャッジも出来ず、加減もママならず、とにかくやけっぱちで歌うのみ!!


だけど、壁に跳ね返って、聴こえてくる声は、


これまで聴いたことのない、はっきりとした強さと明るさと、希望に満ちた声だった。


「Fanaちゃんの歌、を聴かせて貰った気がしたよ」

と、


グラウンディング上手な白雪姫のようなKちゃんが感想を伝えてくれた。




先日の、プールで踊ったアクアバイタルでの体験も深く、

自分で自分を苦しくする縛りを超えて広がり、

喜びに繋がりながら踊る感覚をつかんだことも大きかったけど、



さらにここで、


うた。


デスカーーー。




自分の骨盤の底が抜けて、


自分でも知らない自分が飛び出す。



もうね。


いろんなとこで、いろんなことが変わってきた。


・・・ような気がする。



おもしろいよ。


うた。
by kokenomori | 2015-11-02 12:05 | お気に入りの一品 | Comments(0)
ゼロポイントの『はぐ』についての、マニアックな考察を、以前書きました。
http://yousuimori.exblog.jp/20869034/


これがとっても好評で、

そうそう!そうなんだよねー、と、各界から(笑)

いろいろな共感や、感想をいただきました。


なかには、

あれから「はぐ」をするとき、この『ゼロポイントはぐ」を思い出しては、実践し
修練を積んでいた方までも!!!


なんて素直でかわいらしい魂の方なのでしょう~~。

大感動です。


そんなピュアな出会いが、また素敵な出会いを呼んで、

実はこないだ、その方(はるちゃん)の

「魂と繋がるーたまうたワークショップ」 なるものに、はじめて行ってまいりました。


いやー、想像以上に深かったです。


これは、歌を使った、ファミコン(ファミリーコンステレーション)ですかーー!?

っていうかんじでした。



わたしが選んで用意して行った1曲目は 「はじめてのチュウ」でしたよ。


理由は、ただ歌いやすそうだったから、です。↓↓ 笑

(なにげに選んだ歌でしたが、これにはとっても意味があるのです)



「はじめてのチュウ」  あんしんパパ

眠れない夜 君のせいだよ
さっき別れた ばかりなのに
耳たぶが for you
燃えている for you
やった やったよ ohh

※はじめてのチュウ
君とチュウ
I will give you all my love
なぜか 優しい気持ちが
いっぱい
はじめてのチュウ
君とチュウ
I will give you all my love
涙が出ちゃう 男のくせに
Be in love with you

デートコースは もう決めたんだ
明日の夢が ふくらんでくる
この愛を to you
いつまでも to you
きっと きっとさ ohh

※印2回くりかえし
Love with you……

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歌詞を覚えるためにコツコツ書き写していると、

わたしのなかにふっと、

こんなこと言ってたってどうせね・・・けーーーっ!!!

っていう、

男性全般に対する、怒り?あきらめ?

みたいなキモチが、意図せず、ムラムラ、メラメラと湧き上がって来ました。


でも、すぐに忘れて、

ま、いっか、

そういうもんだもん、しょうがないよね、


となり、

当日を迎えました。



わたしの前に、「ハナミズキ」を歌った方がいらして。

仮にNさんとしましょう。


この歌、とっても美しくて好きですが、

考えてみると難しい歌ですよね。


別れた人と他の誰かの幸せを、100年先までも願うなんて、

ほんとうにできるのだろうか。

もしできるとしたら、それはきっと透明な祈りだなあ。


で、Nさんが、たましいの歌を産む為に、産みの苦しみ(喜び)を味わっているときに、

ファシリテーターのはるちゃんが、

「ここにいる誰かを、あなたの別れた彼だと思って歌ってみて」 といいました。

Nちゃんは、わたしを選び、わたしに向かって歌い、

わたしは、その歌を聴いていました。


詳しい事情はまったく知らないのですが。

わたしは、ただ、できるだけ透明になって、その想いを受け止めていました。


その後、わたしの番になりました。

(番と言っても、決まっているわけでなく、タイミングが来た、時はいまだ!と思ったら、歌うのです。)



最初は、自分の声が自分の耳に飛び込んできたとたん、

ハートに響いて、

その声の震えや一生懸命さに自分で自分のハートを、ずっきゅんと射抜かれて。。。

涙がでちゃいました。笑


二回目に、

「じゃあ、こんどは、お腹とハートをつなげて、そうだな、Nちゃんを彼女だと思って歌ってみて」

と、はるちゃんの無茶ブリがスタート。笑 (これがまたいいんだな。)


ところで、

たましいと繋がる歌、っていっても、

魂がどこにあるかわからないから、

どこにつながっていいのか、

いめーじがわかない。


だから、

とにかく、自分のまんなかの気持ちいいところにアンカーして歌うしかないの。


すぐにそこから、

目や、

口から

ピョコンって飛び出ちゃいそうになるから、


また、おへぞの下? 子宮のところ?

に、きゅきゅって、自分を結んで歌います。



そしたらね、


声が男の人の声になった。


そして、目の前のNちゃんの、別れてしまった彼になった。


いまはもういろいろあって別れてしまったけど、


いっしょにいたときは、うそなんてなかったよ。


ピュアで、

無邪気で、

うれしくて、

ときめいていて、

照れてて、

夢がいっぱいの、

どこにもうそがない。

どこにも逃げのない。

子犬みたいな魂の男の子。

だった。




わたしは、今生、オンナであるから、


オンナの目を通してしか世界を見られない。


オンナの感覚でしか世界を理解できていない。


でも、一瞬だけだけど、


オトコの目になって、オトコの感覚になって


世界を感じて、自分を表現した。


これは、びっくりな感覚だった。




そしたら、

わたしのなかに、なにか、小さいけれどたいせつな理解と


「赦し」が起こった。



・・・んじゃないかなーって思う。


「どうせ」

っていうあきらめは

「どうか」っていう、つよい願いだったね。


でも、

「どうせ」じゃなかった。


その、傷ついた過去の思い込みが


見せていただけの現実(目に見える世界)だった。


理屈は知っていても、なかなか超えられないくらい、

「どうせ、〇〇だからしょうがない」は、慣れ親しんだ思考だけど、

気づいたら手放せる、現実が変わる。


パワフルでしたわーー。


追記:

自分のパワーが強すぎて、相手におっかぶさっているようなハグでは、

自分のボリュームが大きすぎて、相手のことが聴こえない、と、

以前の記事に書きました。

そしたら、こないだ、

限りなく透明で、限りなくニュートラルで、限りなくゼロでいようとする男性とハグをしたところ、

そこには触れあう部分も、通い合うものもほぼなく。撃沈!!!爆笑!!!


自分、まだまだエゴと欲にまみれております。


それでもいいよ。

まだ、ここに、肉体を持って生きているんだから。
by kokenomori | 2015-11-02 10:31 | お気に入りの一品 | Comments(0)