湧水の森 yousuimori.exblog.jp

Ouchi-Massage+α 湧水 You-suiのブログへようこそ。あったかまったりマッサージや、バイタルダンスのお知らせ。心地いい毎日と、やさしい気づきをシェアしています。


by kokenomori
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

いい子ぶりっ子?!

こんにちは


ファナです。


もう、今日になってしまったけど、


昨日、泉の森のバイタルダンスにチューニングしながらライティングをしていると、

「いい子ぶりっ子」という言葉が出てきました。

これは、おうちライティングの師として、勝手に仰いでいる魂の文章術の著者、ナタリー・ゴールドバーグも言っていますが、

わたしたちは、つい、だれかに認められるため、

あるいは褒められるために、本来の自分ではない自分を演じてしまいます。

そんな「いい子ぶりっ子」をやめて、もっと自由に書いてみない?踊ってみない?というわけです。



a0257308_06583860.jpg

明日のテーマは「ゆっくりと」ですが、

それはなにも、ゆっくりと踊る、ということではないかもしれません。

いい子ぶりっ子をやめて、ちょっとワルになってみる。笑

つまり、自分に課したルールや決まり事を、やぶってみる。

だれかのためなんかじゃなく、ただ、自分のために、


自分のリズムで、

呼吸して、地団駄を踏んで、手を振り回して、腰を振って!(笑)


あの日できなかったなら、いま。

いつかしたいなら、いま。

この身体も、この呼吸も、この手も。

あなたが「いい子ぶりっ子」じゃなく振る舞うのを、きっと待っています。

狛江・泉の森バイタルダンス「ゆっくりと」

10時からだよ~~~~カムカムカム~~~~~♪

https://www.facebook.com/events/387126101660033/



# by kokenomori | 2017-03-12 06:59 | Let's Dance! | Comments(0)
月一回のお楽しみーほっこり♡おうちライティング

a0257308_12362626.jpg

・・・ってなにするんですか?と最近よく質問していただくので、

ちょっとだけ書いてみます(^^♪


■なにをする?
頭の中に浮かぶことを、間髪入れずどんどん素早くノートに書いていきます。途中で考えたり書きなおしたりしません。これ、文章のデッサンと言います。ブログやFBなど、書く機会は増えたけど、言葉を選んだり、正しい文章を心掛けたり、無意識に体裁を気にしたりしています。だけど、文章のデッサンは自由。思考(ジャッジ)を挟まないでただただ書きます。書く瞑想ともいわれます。
あ、ちなみに「おうちライティング」と言っても書く場所はさまざま。おうちはもちろん、素敵なカフェや公園のお気に入りの木の下でだってOK。
健やかなる時も病める時も、富める時も貧しき時も、いつだっていっしょにいてくれる自分=おうち
そんな
自分自身とつながる、もっと仲良くなるワークなんです。


■なにを書く?
本の中の目に留まった言葉や、ふと聞こえてきた会話、気になっていること、心配なこと、うれしかったこと、楽しみなこと…なんでもいいです。
文章のデッサンの約束を守って書きます。いつでも、どこでもできます。
みんなでいっしょに書くときにはお題を用意しています。ときどきはお題を出し合ってくじ引きみたいに引いて書いたりもします。
え?それなに?っていうところから想像が膨らむこともあるし(笑)いい刺激を受けます。


■どんな効果?
・将来への漫然とした不安が軽くなった
・痛みや悲しみを手放すことができた。
・文章を書くことが好きになった。
・インスピレーションが湧きやすくなった。
・とにかく楽しい!
・普段の視点と違った目でものを見られる。
・思ってもみなかった生の思考に触れられる。
忘れていたような昔の出来事(会話や情景)が浮かんできて、
今の自分にとって重要なキーワードだったりする。
・自分で自分を助け導くことができるという喜びや安心感
といった感想をいただいています。


■なにが必要?
ノートとペン。できるだけストレスなくスラスラと書き進められるもの。だけどこだわりすぎないこと。たとえば1か月に1冊のペースで書き進めていくことを勧めるので。分厚い日記帳やリング式は案外書きづらかったり、大きいほうが広々とした気持ちで書けるし、小さいとどこでも取り出せてかけて便利。罫線のあるなしも好み。書くときには罫線を気にすることなく余白に書くこともOK。ノートという真っ白な平原、それも雪が降ったばかりの。そこを自由にソリ滑りする、あるいは未知の世界に冒険に出かける、まじめすぎないで気軽。そんな気分にぴったりの道具を。


■どんな場所?
落ち着いて腰を据えて書ける場所。できれば人の気配や、美味しいにおい、空の色の移り変わりが感じられるところが良い。でも、こだわりすぎないで、気が向けばどこでも。極端に暑かったり寒かったりしなくて、日焼けや人の目を気にしなくていいところがいいとは思う。
ちなみに、月に一回のライティングの会は、友人宅のサロンをお借りして行っています。
周りに気兼ねなく、書いたことや感じた事をシェアしたり、ときに涙したり、おやつを食べたりできるところだったら出張も致します。
お気軽にお問い合わせくださいネ。

■どんなひと?
・書くことに興味がある人
・書いてみたいけど書けるかどうか自信がない人
・自分に向き合いたい人
・自分のことをもっと知って仲良くなりたい人
・創造力を目覚めさせたい人
・何か楽しいことを探している人

■書いたことがない、上手に書けるか自信がないがだいじょうぶ?
書いたものは基本、人に見せないので、上手下手を気にする必要はありません.
実際に書いてみると感じられると思いますが、左脳と右脳が両方働いて、思考だけでなく感覚も開いてきます。
自分が書いているけれど、自分が書いたものじゃないみたい。
こんなふうに書けるなんて思わなかった、こんなに書くことが楽しいなんて思わなかった。
そんなふうに感じられる方も多いです。ぜひ、気軽に体験してみてください。



参考書籍
「ヒーリングライティング」つなぶちようじ著
「魂の文章術」ナタリー・ゴールドバーグ著


次回2月19日(日)
https://www.facebook.com/events/368785913505586/

以降の開催はお問い合わせください♪
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/9665










# by kokenomori | 2017-02-12 12:51 | 今月のオススメ | Comments(0)

(1月25日発行 メルマガ245号より)

そうそう。


友人Nは、当時、こんなこも言いました。

「そんなに自由に踊りたければ、山の中で一人で踊っていればいいじゃん!


「NYとか、似合わないよね~~~」



ははは!!!

半端なく容赦ない!!!おかげで、立ち直るのに一年もかかりました。



たしかに、ダンサーの世界は厳しくて、


わたしが最初に師事したスロバキヤ出身のL先生は、

2歳ですでにプリマになるこを諦めるように言われていたし。(家系が背が高く大柄だったため)



わたしがバレエを初めて踊ったのは35歳のきだけど、

当時10代、20代の前半の若くて美しくてスタイルも育ちも良いお嬢さんたちは、

みな口々に「24歳になったら舞台を降りなければ」言っていました。



わたしに、猛烈な一撃をくらわしたこの友人Nだって、

大好きだったバレエを受験や出産や子育てやなにやらで諦めてきた人だもの。



それでも、

「自分の踊りは自分の中にある」

「そして、山の中で一人で踊るのはなんか違う気がするっ!!」

いうなんの根拠もない願いというかビジョン?は消せなかった。




この自分を褒めてやりたいと思う。


そして、そこから。



いま思えば、


よくもまあいうほど、素敵な方との出会いにつぎつぎに恵まれたもの。




◆コンタクトインプロビゼーションの勝部ちこ


a0257308_20001482.jpg


彼女の「間」の感覚が、わたしはても好き。

空間も、人も、世界も、おもしろ楽しくコンタクトをる。


腹の底で、静かに「・・・ふふふ」と笑いが起こってきたりもする。




◆Sacred Earth Belly Dance ミシャール


a0257308_19491805.jpg


ベリーダンスはだれでもできる、ただのくねくね踊りじゃなかった!!笑

テクニックはひつも教えないけど、

聖なる身体、聖なる地球つながるこを教えてくれた人。





◆沙羅舎「舞遊空間」の片岡通人


a0257308_19510192.jpg


彼の舞台をひ目見て、「ダンスを教えてください」押しかけ、せがみ倒した。

大勢いる舞台の上で、彼だけがそこに存在していた。

過去でもなく、未来でもなく、いまここに。

「あなたのダンスは感情を追いかけすぎている」何度もそう言われたけど、

感情でなくて、いったいなにが身体を動かすのか、そのころのわたしにはわからなかった。




◆Dancing Freedum の サマンサ・スィートウォーター


a0257308_19520121.jpg


うそみたいなかわいい名前。シャスタに住む天使。

踊るこで身体は平和になって地球は癒される。

「あなたは踊り続けなければだめ。すぐに自分がなにものなのかを忘れるから」言われた(笑)

ほんと。すぐ忘れるの。とほほ。

日本に来なくなって、トレーニングを断念。




※写真はすべてHPなどでお借りました。

その後、わたしはバイタルダンスに出会う。

その話はまた♡



・・・・*・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・
無料メルマガ配信中♪【愛と勇気が湧いてくるFana'sニュース】
http://www.reservestock.jp/page/step_mails/8296
・・・・*・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・‥・*・

おうちマッサージ+α湧水‥・*・
Fana(じきもとかつみ)Facebook 
https://www.facebook.com/ouchimassage/
メルマガ http://www.reservestock.jp/page/step_mails/8296
mail rainbowdays.love☆gmail.com(☆を@に変えてください)
mobile 070☆6522☆0806
・・
・・

# by kokenomori | 2017-02-08 16:09 | わたしの物語~自由に踊る?~ | Comments(0)
(1/24 発行メルマガ244号)




「わたしのダンスはわたしの中にあったの!!!」


「わたしは、これを人に教えたい!!!!」





帰国後、息せき切って、勇んで打ち明けたわたしに向かって、



友人から還ってきた言葉は・・・・?







「あなたは絵を描く人だよね?なんでいきなりダンスなの?!」



「そんなことを教えると言ったって、だれも信じない。」




でした。




がーーーん(@_@;)がーーーーーーんがーーーーーーーーん





これ、すげー威力。





台風に根こそぎ引っこ抜かれたヤシの木みたい。





あれですよ。



背ばっかり高くて、根っこがないの。









この一言に打ちのめされて、わたし、すっかり踊り辞めちゃいました。





もう、胸の中の灯がね、一瞬で消えてしまった。







こういうのね、ドリームキラーっていうんだそうです。






居酒屋のバイトとかしてました。



普通に。





夢はもう見ちゃいかんと決めて。









でも、舞台の上で光り輝く友人たちを見て、さめざめ泣いたなあ。





舞台に上がりたいわけじゃないんです。





やっぱりそこに興味はない。





でも、客席に座って、ぽかんと見ているだけの自分が猛烈に腹が立った。









なにやってんだ!









そして、やっと、




踊ろう、と思った。









誰になんと言われても、





踊りたければ勝手に踊ればいいんだって思った。





だれの許しも要らないんだって思った。







そう。







やりたいことをやるのに、だれの許しも要らないんです。







その間、まるまる一年、かかりました。











その船を漕いでゆけ

お前の手で漕いでゆけ



お前が消えて喜ぶ者に

お前のオールを任せるな






って、中島みゆきさんも唄ってます。宙船で。









あ、でもね、



夢を殺すのは、ほんとうは友人じゃない。



親でもない。



きっと自分なんですよね。



友人や親は、憎まれ役を買って出てくれたエンジェルみたいなもんです。









その証拠に、



自分が、その道をゆくと決めたら、



応援こそすれ、



もはやだれも反対なんてしてくれなくなっちゃいますからーー。




a0257308_19243786.jpg






そして、わたしはひとりで踊りました。







だーれもいない夜の公園。





早朝の公園。







藤の樹の下で、片足でずーーーーーっと立ってたり。





雨の中、ずっと踊ってたり。









疲れたら、木の下で眠った。




いい木があったんですよ。



葉っぱがずっと地面まで広がって、ドームになってて。




・・・って、キチガイですね。笑









そのころにね、言われたんです。







あなたは、昔、悲しみで踊っていた時代があるけれど、



今生は、喜びと祝祭の中で踊るのですよ。



OSHOと出合ったのだから





と。







前世のことは覚えていないけれど、



「喜びと祝祭の中で踊る」






それは、いまも、ずっとわたしの中にある導きです。









さあ、







わたしの踊りはわたしのなかにある。



あなたの踊りはあなたのなかにある。





でも、それを表すには、やっぱりなにかが必要が気がした。






それって、なんだろう。






・・・つづく




・・・・*・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・
無料メルマガ配信中♪
【愛と勇気が湧いてくるFana'sニュース】
http://www.reservestock.jp/page/step_mails/8296

・・・・*・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・






‥・*・おうちマッサージ+α湧水‥・*・
Fana(じきもとかつみ)

Facebook https://www.facebook.com/ouchimassage/

メルマガ http://www.reservestock.jp/page/step_mails/8296

mail rainbowdays.love☆gmail.com(☆を@に変えてください)

mobile 070☆6522☆0806
# by kokenomori | 2017-02-04 19:03 | わたしの物語~自由に踊る?~ | Comments(0)

(1月23日発行メルマガ243号より)


こんにちは!


Fanaです。



先日は、ソウルフルなライフワークを見つけよう♪


ワークショプでした。



わたしのライフワーク=天命は「雨を降らせる」

森をつくり、歌い、天とつながり、頭を撫で。



頭を撫で・・・・って。


雨を降らせる・・・って。



なんのこっちゃ?でしょ?笑


でも、わたしにはわかるんです。


なんとなく。




ああ、そうかって。



そしてうれしいもんです。


これがわたしの生きる道を知るってね。




さて、つづきです。



NYで、さまざまなスタジオの、さまざまなダンスのクラスに飛び込み、


見よう見まねでオタオタと踊り続けたけど、


味わうのは挫折感ばかり。




上手に踊れないから。


ううん、そんなのは当たり前。




それよりも、


そこに、自分の「これ、これがすき」がひとつもなかったから!!




わたしは、ずっとみそっかす。


永遠のみにくいアヒルの子ww!!

↓↓クリックしてみてー。
こんなかんじ


a0257308_13111948.jpg

かわいいなー。テイラースイフト





そもそも、どんなものを探しているのかもわかってないのだから。

自由に踊る・・って言ったって、雲をつかむようなもの。



でも、たったひとつ。

「これかも?」って思える”瞬間”はあった。



ブロードウェイのどこかのスタジオ、

ニーナ先生のバーレッスンで、使われてる曲が聞いたこともないほど美しかった。



ただのピアノ伴奏とかじゃなくって、

まるで美しい森林の中にいるような、深い湖のほとりで踊っているような。



それまで、バーってものは、転ばないようしがみつくためのもので、(-_-;)

簡単なパのひとつも覚えられないはずのわたしの身体が、



自然にうっとりと開いて、

おそらく勝手になにかを踊った(踊ろうとした)。



これは、今思えば奇跡に近い出会い。(先生も見て見ぬふりをしていてくれた)

でも、なにが自分を踊らせてくれたのか、



そのときの自分にはまだわからなかった。



だって、その感覚は一瞬ですぎ去り、残りの時間はまた、

上手に踊れる人の後ろで、ウロウロ、オタオタしていたんだから。




思うに、それはきっと「音」だ。



内側から、文句なしに、当たり前に、わたしをつき動かしてくれるもの、


それは、ただのメトロノーム代わりのピアノなんかじゃなく、



失った子どもを思う愛と悲しみの歌声や、



透き通った森と湖を感じさせる旋律や、



いのちがまさに生まれようとするときのリズム。




それに気づくのは、帰りの飛行機の中。



ギュウギュウ詰めのエコノミークラスの座席でだ。



わたしは、10日間のニューヨークの旅を終え、失望感でズタズタだった。



大げさかもしれないけど、


わたしの探すダンスは、この地球上にはないのかも。ってくらい途方にくれていた。




ふと、機内で配られたイヤホーンをさし、音楽を聴いた。



流れてきたのは、メディテーションミュージックだった。



とたんに、身体が反応して、わたしは前も後ろもギュウギュウの座席から立ち上がり、踊りだしてしまったのだ。



なにが起こったのかと内心大慌てながら、



何食わぬ顔をして、後部のトイレに向かった。




それからは、耳の奥に流れる音楽を聞きながら、


なるべく目立たないよう窓の近くのフロアでずっと踊っていた。



機内食が配られるときと、着陸態勢になるまで。



なにが起きてるんだろう。


心臓がずっとずっと飛び跳ねていた。




「わたしの踊りたいダンスはここにあった」



ここっていうのは、えーと、つまり、飛行機の中、じゃない。


ハートの中。


体の中。


わたしの中。




それは、


クラッシックバレエでも、


モダンバレエでも、


ジャズダンスでも、


アフリカンダンスでも、


タップダンスでも、


フラダンスでも


etc・・etc・・ではなかった!!!



わたしの踊りは、わたしの中にあるんだ!!!


わたしの中にしかないんだ!!



喜び勇んで帰国し、

友人に報告した。



「わたしのダンスはわたしのなかにあったの!!!」

「わたしは、これを人に教えたい!!!!」



そのとき、友人から還ってきた言葉は・・・・?


・・・つづく



あなたのなかのいのちのダンスを探しにきてください♪

今年も、バイタルダンス創始者ワークショップがはじまります!



See you ♡


・・・・*・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・
無料メルマガ配信中♪【愛と勇気が湧いてくるFana'sニュース】
http://www.reservestock.jp/page/step_mails/8296
・・・・*・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・‥・*・



おうちマッサージ+α湧水‥・*・Fana(じきもとかつみ)
Facebookhttps://www.facebook.com/ouchimassage/
メルマガ http://www.reservestock.jp/page/step_mails/8296
mail rainbowdays.love☆gmail.com(☆を@に変えてください)
mobile 070☆6522☆0806
# by kokenomori | 2017-01-26 13:13 | わたしの物語~自由に踊る?~ | Comments(0)