湧水の森 yousuimori.exblog.jp

Ouchi-Massage+α 湧水 You-suiのブログへようこそ。あったかまったりマッサージや、バイタルダンスのお知らせ。心地いい毎日と、やさしい気づきをシェアしています。


by kokenomori
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

原始人!?

今日は、バイタルデベロップメントワークショップの二日目でした。

高円寺駅近くの座・高円寺にて。


この会場は、はじめて行ったけど、広くてシックで、とても素敵な場所でした。


明るくて心地いい、ほどよい広さのスペースで、

手をつなぎ、肩を抱き合い、見つめあい、手をたたき、やさしく髪に触れ、

大地とつながり、天にひろがり、自由に踊りました。


みんなの自然な笑顔やよろこびの涙が美しい、いいワークでした。


わたしたちは、夢の種をまき、ただそれを頭で考えているだけではなく、

実際に身体を動かして(踊って)いくことで、実現するパワーを手に入れました。


まるで、こどもが無心に砂山を作るように、

夢中になって踊って、形作っていきました。


わたしの夢は、最初は、漠然としたかんじでしたが、

ごまかさないで、遠慮しないで、

なにが望みなの?って自分に聞いたら

「わたしが、自由に、よろこびとともに踊ることで、みんなを元気に輝かせたい!」って心の声が返ってきました。


自分が踊ることは大好き。

でも、そのことで、人を元気にしたり、幸せになんてできっこない。

ふと、そんな弱気になりそうになったけど、


勇気を出して、会場いっぱいに、踊り、動いていくことで、

願い続けていけば、きっと叶うんだって、感じることができた。


みんなはどんな夢を描いていたのかな。

それぞれの中身はわからないけど、

そこにいるみんなひとりひとりが夢を持って、それに向かって情熱をかたむけている。

すばらしいことだと思います。


ワークが終わって、みんなでランチに行きました。

座・高円寺の2Fのカフェレストラン アンリファーブル は

赤と黒のモダンなスペース。



ああ~。写真がなくてごめんなさいっ。

どうも、人前でカメラを出すのが、昔から苦手で。

むーーー。次回はがんばります。




前菜とドリンク付で、

真鱈と有機野菜のパスタランチを食べました。(想像してください!!)

にんじんが甘くてやわらかくって、すごーく美味しかった。

シ・ア・ワ・セ♪


ここって、お誕生日には、なんとホールケーキが無料サービスだそうです。

うわーーー、ぜひ、今年のお誕生日にはここでよろしく!



で、その、ランチの席で、ワークの話や、なんやかやを、みんなで和気あいあいとおしゃべりしていたんだけど、

「さいきん、fanaちゃん、きれいになったよねえ~」と言っていただきました。

「そうそう。前はさあ、なんかおっきくて、包容力はあったんだけど、世界全体を抱いている感じだった。

なんか、大木っていうか。

巫女みたいなかんじで、近寄りがたくて。」

「でも、変わったよね。

くだらない話も聞いてもらえそうな、つきあってほしい~ってかんじに変わった。」


「大木から人間になった、っていうかんじだよねえ。」

「そうそう。まえは原始人みたいだった。でも、いまは・・・そう!なんだかエレガント!だよ~」



って・・・。えーーーと。


これはよろこんでいいものでしょうか?????


「大木」とか、「巫女」とか、そういうほうがよかったんじゃないかなー?

あ、いや、でも、「原始人」はいやだしなあ。

「近寄りがたい人」から、「つきあってほしい人」って思われるのはうれしいが。


なんか、フクザツ (^^;)
 
# by kokenomori | 2012-01-27 21:49 | Let's Dance! | Comments(0)

はじまりました!

いよいよ、バイタルデベロップメント
1月のスペシャルワークショップがはじまりました!

今回のテーマは
The Secrets of 5 Fires

http://vitaldevelopment.jp/workshop/


初日の今日は、イントロダクションワークが行われました。



前回の、四大元素を踊るワークショップでは、

イニシェーションを受け、

自然の中や、わたしたちのなかにある自然とともに、

火と大地と、水と空気の踊りを踊りました。


自分では、火や大地の要素が強いと思っていましたが、

実際に踊ってみると、火の踊りを踊るのがとても困難でした。


自分の中の激しさ、怒り、パワー、エネルギーを表現することへの大きな恐れがありました。

いつのころからか、わたしは、普段の生活の中で、そういったことを表現することを抑えたり、
あきらめたりしてきたようで、

火の要素を踊っていると、

いままでどうして表現させてくれなかったの!?といった悔しさや憤りとともに、

やっと見つけてもらえた、ずっとここにいたんだよ!ていう、うれしさもやってきて、

とても心が揺さぶられました。



今回は、4日間かけて、その、火を、もっと深く踊っていくのです。

とても、楽しみです。



今日のイントロダクションワークは、Joy に満ちたものでした。


火のエネルギーは、恐れて押さえ込んだりしなくても、健康的な方法で表現することができる。

その方法を、踊ることを通して、人とつながることを通じて、わたしたちは学んでいきます。



今夜は、ひさしぶりに、Patricia Martello(パトリシア・マルテーロ)の、「ピンク色の世界」っていう言葉が聞けました。

わたしたちは、この身体を通して、息をすること、歩くこと、ご飯を食べること、仕事をすること、すべてをよろこびを持ってすることができる。

世界はいつもピンク色で、わたしたちは、コーラル、薔薇の色ーピンク色ー愛の色のなかで生きているのだということ。

なんて、美しいんでしょう。

しかめつらして、われ先にと急いだり、競い合ったり、奪い合ったりしてる場合じゃありませんね。



とても印象深かったのは、

よろこびは、とても伝染しやすい、ということ。
だれかが、オープンマインドで、喜びとともにいると、周りも自然にハッピーになる。

それって、とっても素敵なことなのに、

ひとりだけ楽しいとなんか周りに悪いかな、とか、
実際に妬まれたりすることだってきっとあるし、
だれかの気に障ることだってあるかもしんないし、
ひとりだけ、にこにこしてると、おバカみたいかな、とか。


だから、自分も、難しい顔をして、深刻なふりをする。

そういうことって、ありがちじゃないですか?(わたしだけ!?)


だけど、触れる仕事をしているからには、

恐れや不安や痛みや苦しみを伝えるんじゃなくて、

やっぱり、喜びや心地よさを素直に感じて、分かち合っていけたらいいなあと思いました。









「わたしは、あなたのことを知っています。

だって、肌の下には、同じ赤い血が流れているから。

わたしは、あなたのことを知っています。

あなたが愛を欲しがっているということを、知っているから。

あなたが光を表現したがっていることを、知っているから。」


これは、いつにもまして力強い声で、
パトリシアがわたしたち、一人一人に向けて送ってくれたメッセージです。



そう。どんなひとも。同じ血が流れ、同じように愛を必要とし、光を表現したくて生まれてきた。

だけど、ちょっと心が疲れてしまったり、身体が痛くて不機嫌だったり、光を忘れてしまっているだけ。

それを、思い出してほしいな。

自分自身も、いつも忘れないでいたいなって、思いました。








それから、オマケにもうひとつ、これは、内緒。

わたし、ひとつ、とっても大切なことに気づいた。

どうしてあの人のこと好きなんだろう、って、よく思ってたけど、

今日、その答えがわかっちゃった!うふふふー。
# by kokenomori | 2012-01-27 00:38 | Let's Dance! | Comments(0)

頭じゃなくて・・・

最近、太極拳教室に新しいメンバーが増えました。

ちょうどわたしの母くらいの年齢だと思うのだけど、はじめからお一人でいらっしゃって、

ずうっと休まず通い続けていらっしゃいます。


「年だからなかなか覚えられないわ」と、しきりに気にしていらっしゃいます。

「家でひとりでできないから」と。


うん。
その気持ち、すごくわかるなあ・・・。

わたしも、最初のころは毎週通えなかったせいもあって、

ぜんぜん覚えられなくて、かなり悔しかった!笑


覚えることが一番の目的じゃないんだよ、ってよく言われたし、

やってるうちに覚えられるからだいじょうぶよ、って仲間にも励ましてもらった。

だけど、できない、できないって、そればっかり思ってました。


あるとき、先生がどうしてもこられない日があって、

自習ということになった日がありました。


Yちゃんが、型のはじめのところ(ほんの最初のところだけ)
ああでもない、こうでもないとしつこく繰り返すわたしにつきあってくれて、

そのうち、やっと、自分だけでできるようになった!

それが、すごーくうれしかったなあ。


それが自信になって、やる気になって、

お借りしたDVDをコピーさせてもらって、

家でも、しつこく何度も何度もやりました。


王先生(原先生の師匠)の声や、しぐさが、夢に出てきそうでした。笑


覚えてそれで終わりだ、と思っていたわけではなくて、

覚えてからが、深く深く、永遠に学びは続くことがわかっていたから、

よけいに早く覚えてしまいたかったのかも。



一方、わたしより少し早く入っていたRちゃんは、
「わたしは意地でも覚えないし、家でもやったことない」と、言ってた。

でも、毎週、きちんと通って、そこでだけで淡々とやっていても、

あるとき、ぽとんって、音がするくらい急にできるようになった瞬間があって、

傍で見ていておどろいた。


時間はかかっても、無理に覚えようとしなくても、心さえ開いておけばいつの日か必ず身につくし、

そのときは同時に、だいじなことも内側で育っているんだということが見えて、すごいなあって思いました。


このごろ通い始めたご夫婦がいらっしゃいました。

だんなさんは身体もごつくて堅くて、力も強い。

はじめから
「一ヶ月くらいで覚えられるか?」と、すごく焦っているのがわかりました。

うーーーん。一ヶ月は難しいんじゃないかなあ。さすがに。

ゆったりな進み具合に業を煮やしてしまったみたいで、やめてしまわれた。


でも、奥さんのほうは、静かに通い続けていらっしゃる。

できない、難しい、と口では言いながらも、なんとなく、見よう見まねでやれていて、

けっこうさまになっている。


聞くと、

「主人は左脳派、わたしは右脳派。な~んにも考えてなくてただやるだけなの」とのこと。

ご夫婦って面白いなあって思います。まさに両の車輪なんだなあ。


まだ2ヶ月くらい?だけど、

夜の寝つきがすごくいいっておしゃっていました。


身体を動かす、心地よく感じるように動かすって、ほんとうに大切なんだなあって思いました。


来週は、久しぶりの和室での教室です。(北新宿生涯学習館)

教室は7時すぎからまったりと始まりますが、

その前の1時間、場所をお借りして、湧水のマッサージ(タイ式+α)の体験会をさせていただきます。


1月31日(火)18時~19時

北新宿生涯学習館 和室にて

30分 2,000円のお試し価格です。

今回は2名さまのみなので、お早めにメッセージくださいね。
(rainbowdays.love@gmail.com)


その後、ひきつづき太極拳の体験も(はじめてのかた無料)参加できるそうなので、どうぞお越しください。
# by kokenomori | 2012-01-26 10:33 | タイチ~♪な毎日 | Comments(0)

タイチな毎日

a0257308_15284879.jpg


昨夜は、お楽しみの太極拳教室でした。

一昨年の6月頃から始めたから、だいたい一年半になります。

太極拳には、いろんな流派があるけど

わたしが、いままでで一番気に入って、楽しく続けてるのが
この鄭子太極拳。

39式の型にはじまり
舒筋法という気功体操や
太極剣(たいきょくつるぎ)もすごく楽しい~


訳もわからずただただ覚えてやれってんじゃなくて
型の意味とか、気のこととか、
やればやるほど知れば知るほど奥が深くておもしろい。


最近気づいたんだけど、
型や舒筋法をやり続けていくうちに
気の流れを感じやすくなった気がするし、



推手という二人で手を合わせて、推したり推されたりする訓練もあって、
頭をからっぽにして、相手の動きを聴いて、重さや堅さをどんどん無くしていくのは、

マッサージをするときに、身体の声を聴くのにもすごく役立ってます。



こないだ、太極拳を一緒にやっている仲間が、おうちに遊びに来てくれて、
みんなで公園で、型や剣をやりました。

ひとりひとりやって、お互いを見たんだけど

自分では気づかなかったことを、気づいて教えてもらえてすごくよかった。



昨日の教室でも、

剣をする時、ふわふわする自分の癖や、

雲手では腰じゃなくて横隔膜を動かすんだということが、初めてわかって

おおお~ってかんじでした。




もっと、よくなりたいな。

もっと、聴けるようになりたいなって、思います。
# by kokenomori | 2012-01-25 15:28 | タイチ~♪な毎日 | Comments(0)

湯たんぽ

a0257308_842079.jpg


愛用の陶製の湯たんぽです。


シリコン製のように柔らかでもないし

プラスチック製のように手軽でもないし

トタン製のように頑丈でもありません。


実際、配達されてきたときは粉々でした。笑


もちろん、無料で再配達してもらえたけど。


ああ、だいじに扱わないと壊れるモノなんだなー、と。

当たり前のことだけど、とっても大切にしています。


冷え鳥ガールに・・・いやいや、違うがな。

冷え取りガールになろうとして、買ったものです。



シルクと綿の重ね履きにもがんばって挑戦しようとしましたが、

毒素とともに冷えが中からどんどん湧いて出てきて身体によい、とのことだけど
靴下を10枚以上も重ね履きしているというツワモノがいると聞き、

なんだか???でやめました。


いまは、下半身は少し多めに履きますが、内側から温まるようにできるだけ動くようにしています。


しかし、冷え取りガールズご推薦の、この陶製の湯たんぽは大収穫でした。

熱々のお湯をいっぱいにして、お布団の中にいれて(わたしはカバーなしです)

モモの下に敷いて寝ると、ほどよく湿度の調整もしてくれるらしく

まるで温泉につかったまんま寝ているよう。



極楽、です。


朝までぐっすり。
# by kokenomori | 2012-01-24 08:04 | お気に入りの一品 | Comments(0)