湧水の森 yousuimori.exblog.jp

Ouchi-Massage+α 湧水 You-suiのブログへようこそ。あったかまったりマッサージや、バイタルダンスのお知らせ。心地いい毎日と、やさしい気づきをシェアしています。


by kokenomori
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

いいとこさがし

今月のメインテーマはどうやら「いいとこさがし」みたいです。



甘やかしてはいけない、しつけがだいじ。そんなふうに厳しく育てられ、
あまりほめてもらった記憶がありません。

そのせいもあってか、自分のあら捜しは上手でも、いいところを見つけることがけっこう難しい。

自分のあら捜しが上手、ということは、ひとのあら捜しも上手、ということ。

つい、できないことばかりに目が行きがちです。

でも、できること、いいところを探して、そこに光を当てよう。

そう思っているといろんなことが見えてくるし、いろんなことがよくなっていくみたい。

触れている身体だって、自分からよくなろうとし始めます。


a0257308_034818.jpg



あなたといると、まるで子どもを育てているみたい、と、言われました。

できないことを責めるのではなくて、信頼して見守っていると、

ちゃんと自分なりのやり方で、どんどんいろんなことができるようになっていくのね。

まるで子育てとおんなじね。

と、6つも年下のひとから言われ、なんだか面白かった。
# by kokenomori | 2012-02-13 00:06 | fana's diary
Iさんは、なんでもお見通しで、ものごとの表面じゃなくて本質を見抜くのがとっても上手なひと。

その観察眼にはいつも舌を巻きます。

そんなIさんでも、恋をして、結婚して、子どもを生み育てたい、というので、

もういいじゃない、恋なんてめんどくさいことしなくても。
それだけいろんなことがわかるんだから、もう慈愛にいけば?なんて、ちょっといじわるを言ってみました。

そしたらIさん、笑って
「だって恋したいんだもーん!」って。・・・かわいい。



このとき、ふっと、昨日のタロットカードが頭をよぎりました。


そうか。



神の家から逃げだす男ーこうすれば幸せになれるよ、とわかっていてもやらない人のことを
責めているわけじゃないのかも。

わかっていてもやってみたいんだ。

だって、いろんな体験をしたくて、みんなこの世界に生まれてきたんだもの。


だから、愛して笑って、生き生きとして、

神につかまらないうちに、いまというときをもっともっと楽しみなさい。


そんなメッセージが聞こえてきて

なんだかやっとわたしなりに腑に落ちたかんじです。

むう~。なかなか深いカードでした。一枚目にして。




ちなみにIさんだったら、このカードを引いた人には

「もっと他にやりたいことがあるんじゃないの?って聞く」そうです。ふふふ。なるほど。



こんなふうに、

一枚カードを引いたら、次のカードを引くまで、それについて瞑想します。

瞑想するといっても、じっと座って考えているわけではありません。

こころに留めて、普段どおりにすごす。

すると、あるとき、ふっと、理解が訪れます。

それはテキストに書かれていない、自分なりの理解です。

いちど知識が体験を通して理解になったら、それは生きた知恵になります。
# by kokenomori | 2012-02-12 23:22 | タロット*今日の一枚

今日の湧水

いいお天気が続いています。

湧水のお部屋には朝日がさしこんでいます。

a0257308_955539.jpg


最近、湧水のお部屋にやってきた木の切り株。

長いこと雨水と日の光にさらされていたのか、なかなかいい顔しています。

テーブルでも、荷物置きでも、椅子にも・・・なるような、ならないような・・・。笑

でも、けっこう気に入っています。




a0257308_9555375.jpg


続いては,
勝手気ままな、暴れモンステラ。

お日様がある方向へ精一杯葉を伸ばすので、こんな姿になった模様。

今日はお日様をいっぱい浴びて、うれしそうです。



a0257308_9555352.jpg


アクセサリーなどを置いていただけたり、着替えの後に使っていただけるテーブル。

レースフラワーとワイヤープランツにほっとします。




a0257308_9555321.jpg



お着替え用のかご。心地よい綿100%の洗いざらしのタイパンツとゆったりシャツをご用意しています。

タイパンツのお色はいろいろそろえていますので、気に入られたら購入もしていただけます。
# by kokenomori | 2012-02-12 09:55 | きょうの湧水

The Quest 探求

タロット&メディテーションで使っているカードのうちのひとつ、トランスフォーメーション(変容)カードから一枚ずつご紹介しようと思って、今日の一枚を引いてみました。

a0257308_23435653.jpg


「The Quest 探求」 というカード。
ああ、なんか、わかりづらい。なんなの。最初の一枚だというのに(笑)
・・気を取り直して。

『あなたは、とてつもない危険な状態です。どのような瞬間にもー愛して笑って生き生きとしているときでさえもー偶然に神を見出してしまうかもしれないのです。』

って・・・。神を見出してなにが悪いの?と目がハテナになりそうなカードです。
でも、考えても見てください。
いま、神に出会っちゃって、捜し求めていたものを、ほら!といって差し出されてしまったら?これまでの苦労も、これからの冒険も、挑戦も、ぜんぶジ・エンドになるのです。

それはたいへんに困る。だから、このひと、ラビンドラナスは、靴を脱いで抜き足差し足、神の家から逃げて逃げて逃げ続けているのだそうです。

なんだか、からかわれているようなカードですね。

でも・・・そうですね。
わたしたち、こうしたら幸せになれるのに、とわかっていても、それからわざわざ遠ざかってしまうことって、多々あるのではないでしょうか?

深刻でいたい、悩んでいたい、もう少し不幸せなままでいたい。

今の状況を変えなくてすむから、今の場所から動かなくていいから。

やさしくしてもらえるから、探し続けていられるから。

ううう・・・

なんだか、耳が痛いのは、わたしだけでしょうか???苦笑
# by kokenomori | 2012-02-11 23:43 | タロット*今日の一枚

仏さま!?

週に5日は、都内のお店で、マッサージをしています。

昨日夕方、電話が鳴って出ると、一ヶ月に一度くらいの頻度でいらっしゃるK氏でした。

お年は70歳くらい。いつもぱりっとした身なりで、まだまだ現役の社長さん。

先月いらっしゃったときにも、たまたまわたしが施術させていただいたのですが、

脊椎狭窄症からくる腰痛がピークで、身体を横たえるだけで、イタタタと大声が出るような状態。

少しでも楽にしてあげたくても、ほとんどなにもできなかった感が残っていて、
また今回もそうなんだろうか・・・と、身構えてしまいます。


a0257308_10515272.jpg


ご予約の電話でも、
「時間はどうしたらいいの?なんでもあんたの言うようにするよ」と、
どこか人任せの投げやりなかんじに反応してしまい、

必要なのはマッサージじゃなくて、治療だったり、生き方や考え方をかえることなんじゃないのかなあ。
なんて、不遜なことを考えていました。



「ここもだめ、あそこもだめ、ではなくて、いいところを診てあげたらどうでしょう。

外に現れていることはすべて結果。内側で起こっていることの現われに過ぎないのだから、

自分の内側を変えることで、現実はいくらでも変えることができますよ。あなたならぜったい大丈夫!」

と、店長さんに励まされても、

いいところなんていったいどこにあるのかわからない、と、考えている自分に気がつき、はっとしました。



だれだって楽になりたい。痛みをとってもらいたいと言う。

だけど、ほんとうにのぞんでいることはそれだけではない。

そのまんまの、あなたのまんまでいいのですよ、と、受け止めてもらいたい。

なのに、自分のことを憐れんで、いい悪いとジャッジしている人に、まるでお説教のようなマッサージをされるなんていやですよね。


申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。


閉じてしまった胸をもう一度開いて、K氏をお迎えしました。

実際にいらしたときには先ほどのお電話とは別人のよう。

にこにことした表情も顔色もよく、堂々としていて、お元気そう。

外はとても寒かったので、ハーブボールの施術をオプションでお付けすることを提案してみました。

さっきと同じように
「うんうん。なんでも言うことを聞くよ~!」とおっしゃいましたが、人任せのかんじはありません。

お聞きすると、治療も受け、自分でもちゃんと朝晩マッサージをしているそう。




戦中戦後を必死に生きてこられ、一代で会社を創り、これまでは身体のことよりもだいじなことがたくさんあった。
でも、もう、その生き方ではだめですよ、と、身体が教えてくれている。

それはご本人が一番よくわかっていらっしゃるのだなあ、と、頭を垂れる思いでした。




熱々に蒸しあげたハーブボールを当てると、全身がリラックスされるようで、気持ちよさそうです。
前回よりも足に力があって、マッサージも可能。

でも、最後には素肌に直接手を当てて欲しいとおっしゃって、
ああ、気持ちいいなあ~と、じっとしていらっしゃいました。




前回は、「痛みにも耐え、つらい施術にも耐えたらなんとかなるだろう、また同じように頑張れるだろう」といったかんじでしたが、

今回はぜんぜん違って、ご自分が心地よくなることを素直に求め、それにゆだねているかんじでした。


お客様は神様です、とは、実はこういうことかなと思います。(ていうか、仏さまみたいな安らかな寝顔・・・)

a0257308_10495144.jpg




自分の師は、あるときは、どろぼうであり、野良犬であり、幼いこどもであったというスーフィーの神秘家ハサーンの逸話にもあります。

必要な学びは、特別なところにいかなくても、いつでも、人との出会いや身体の感覚を通してやってくる。

それに気づいていけるのも、生かしていけるのも自分なのですね。
# by kokenomori | 2012-02-03 19:09 | まっさーじ、まっさーじ♪